くらし

怒っている人が怖い・・・委縮してしまう生き方を変える方法

怖い

怒っている人・イライラしている人を見るのが怖い。

私何かしたかな!?
どうしよう・・・

こんなことってありませんか?

機嫌が悪い人がいると、自分のせいなんじゃないかとビクビクしてしまう。
仕事やその時やっていることが手につかなくなる。
実は私がこれなんです。
人間関係にいつも敏感ですぐに疲れてしまいます。
会社で不機嫌な人がいると本当にしんどい。知らんぷりして仕事に集中している人が羨ましいんです。
ずっと悩み続けていたのですが、つい最近ふと思ったことがあって少しこの悩みが改善されそうなのです。

そこで私と同じように悩む人の助けになればなと思い、おこがましいですがまとめてみることにしました。

イライラしている人や怒っている人を見ても怯えなくなる方法

自分には関係ないと思うようにする

練習しないとなかなか身につかないと思いますが、自分と切り離して考えることが大切です。
びくびくしてくれる人を狙って、益々不機嫌をぶつけてくる可能性もあるので要注意です!関係ない人を装いましょう。

親との関係を思い返してみる

もしかしたら、幼少期が関係しているかもしれません。
あくまでも私の場合ですが、怒りっぽい父親にビクビクしながら育ってきました。
私がお利口にしていないからお父さんは怒っているんだと思って、小さいころから一生懸命機嫌取りをしてきました。
その影響なのか、大人になった今でも機嫌の悪い人にわざわざ話しかけたり傍に近寄ろうとしてしまうんです。そして浴びるとばっちり・・・
小さい頃の習慣ってなかなか無くならないし厄介ですよね。
頭で「私とは関係ない、私とは関係ない」って唱えるのも一つだと思います^^

自分も同じことをしていないか、かえりみる

似た者同士だからこそ気になるということがあります。
自分も怒りっぽい、イライラしやすいからこそ他人のそういうところが気になってしょうがないんでしょうね。
もし当てはまるな・・・と思ったら、自分の性格をまず自覚する、それから「私とは関係ない」と思う訓練をしてみてはいかがでしょうか。

なぜイライラしている人や怒っている人を見て怯えてしまうの?

怯える
理由を考えてみましょう!

子供の頃の親との関係が関係している

親子関係

子供の頃、いつもご両親かどちらかの親がいつもイライラしているなんてことはありませんでしたか?
話しかけにくい空気や威圧感、あとストレスの吐け口になっていた、、なんてこともあったかもしれません。
実はこの小さい頃の経験が、人の機嫌を伺い、イライラしている人を見るとビクビクしてしまう原因になったりします。
そう簡単に直るものではなく、大人になっても同じ。
親だって人間ですもの、イライラくらいします。八つ当たりだってあるかもしれない。

ただね。大前提として親子の信頼関係ができていれば、問題ないんです。

自分は愛されている、ちゃんと自分のことを親は理解してくれているっていう絶対的な信頼があれば。親がイライラしていても客観的に冷静に見れるんですよね。
それがなければただただ怖い。
私の場合は父親との関係がうまく築けていなかったので、だいたいはイライラしている父親のことが怖くて仕方がなかったです。

 

 

感受性が豊か

感受性

気配り上手だったり、人の感情を自分のことのように受け取ってしまう性格という方がいると思います。
立派な個性ですし、生きていく上でとっても素晴らしい能力だと私は思います。
ただ、鈍感な人よりは気苦労が多いのは確かですよね。。。
最近よく聞くようになった「HSP」ってご存知ですか?繊細さんとも言われています。
もしかしたらご自身が当てはまるかもしれませんので気になった方は一度無料のHSP診断テストで診断してみては?

HSP無料診断テスト

 

 

気楽に子育てする
HSPのママが気楽に子育てできる方法〜HSPの3児ママのブログ HSPの性質を見ていると、9割自分に当てはまりました。 一気に記事を読み進め、読み終わった頃には「今まで苦しかったのはHS...

まとめ

怒っている人が自分の周りにいないことが1番ですが、社会に出るとそうは行きませんね。学生さんだってそう。同じクラスの友達が怒りっぽくて振り回されていたら毎日苦痛で仕方ありません。
色んな方法がありますが、

①自分とは関係ない場所から客観的にその人を見る
②自分の親との関係を思い返してみる

ということを試してみてください。
あなたは何にも悪くない!
人の機嫌で大切な時間を台無しにされるなんてもったいないですね。少しずつ少しずつ気楽に気楽に。。。
一緒に前に進んでいきましょうね。